配達が基本

ウォーターサーバーの便利さ

ウォーターサーバーには、冷水や温水が出てくる機能があります。
これは、あらかじめサーバー内で水を冷やしておいたり温めておいたりできるというもので、それにかかる光熱費も省エネの技術が導入されていますので、それほどかかりません。
例えば、夏の暑い日には冷水が心地よいですが、サーバーから直接冷水を取り出せますので、手間がかかりません

また、温かいお茶を飲みたい時にも温水が出てきますから、いちいち常温から水を沸かす手間がかかりません。
もし、紅茶などをいれるために沸騰したお湯が必要なときには、ウォーターサーバーのお湯を沸かせば良いのですから時間もかからず、コンロのガス代なども節約できます。
ウォーターサーバーの水は料理にも使えます

例えば、ご飯をたく時に、この水を使いますと水道水を使った時とは味が違ってきます。
また、汁物を作るときにもウォーターサーバーを使いますと、味もさることながら、温水を鍋に入れてコンロにかけられますので、沸かすまでの時間も短くできますし、その時に使うエネルギーも節約できますので、一石二鳥以上になります。
もうひとつ便利なところは、水を配達してくれるところです。

しばらく前までは、ひと月に使う水の量にノルマのある業者が多かったのですが、この頃では、ノルマのない、水がなくなりそうになってから注文すると配達してくれる業者も増えてきました。
サーバーのレンタル代金や配達料も無料のところが多いですしすから基本的に水の代金だけでウォーターサーバーを使えます。
また、サーバーのメンテナンスは、業者側で定期的にやってくれるところがほとんどですから、自分で何かをするという事は基本的にありません。
こんなところもウォーターサーバーが人気のある理由だと思います。
ところで、最初のサーバーの設置が面倒だと思う人もいると思いますが、これも業者の人がやってきてアッという間に終わりますので、あっけないくらいです。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.