配達が基本

ウォーターサーバーはそれほど電気を使わない

ウォーターサーバーには、冷水や温水が出てくるような機能がついていることが標準となっていますので、家庭用のコンセントにつないだまま使います。
これは、ちょうど冷蔵庫の使い方と同じで、電気代を節約しようとしてコンセントを抜き差しするようなことは普通しません。
冷蔵庫でもそうなのですが、ウォーターサーバーの場合でも、例えば、旅行などでしばらくコンセントを抜いておいたりしますとカビが生えたりして衛生上良くありませんし、そうなりますとメンテナンスにお金がかかったりしますので、こういうことはやらないほうが良いでしょう。

電気代は、これも冷蔵庫と同じようなものになります。
冷蔵庫の電気代は、小さい2ドア型のようなものの方が大型の4、5ドア型の方より電気代がかかるのが普通です。
大型の省エネタイプでは、年間の電気代が7000円程度(月に600円前後)とかなり安くなります。

一方で小型の冷蔵庫では、年間1万円を超える(月に約800円以上)ものも珍しくありません。
実は、ウォーターサーバーでも同じことがいえます。
ウォーターサーバーの機器の電気代は、使うサーバー(機器)によって電気代もいろいろです。

省エネタイプのサーバーでは、冷蔵庫と同じで、電気代が年間7000円(月に500円から600円)程度のものがある一方で、年間12000円(月に1000円)以上するものもあります。
また、サーバーには冷温水機能がついていますから使い方によっても電気代は違ってきます。
ただ、目安としては年間12000円(月に1000円)と思って良いでしょう。

上記のような電気代が高いか安いかは、ウォーターサーバの安全性や便利さなどとの比較になりますが、冷蔵庫と同じ程度の電気代ですから、それほど高いというものでもないというのが大方の見方だと思います。
なお、家庭用の電気料金は、各地域の電力会社で差があります。
日本は東京中心で動いていますので、基準となる電気料金は東京電力のものが使われることが多いようですが、各地域別電気料金では、北陸電力が一番安く、次に中部電力などとなっています。
一方、高いところは沖縄電力、関西電力などですが、これからは東京電力もこれに加わってくるのでしょう。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.