配達が基本

ウォーターサーバーを実際に導入したら

ウォーターサーバを導入する利点は、水のボトルを配達してもらえることや冷温水が利用できることなどがありますので、利用料金は市販のミネラルウォーターを購入するよりは少し高くなります。
最初にかかる費用はウォーターサーバの機器代金ですが、これは、レンタルのところが多いですから導入時にはほとんど費用はかかりません。
レンタル料金は、有料のところでも月に1000円前後ですし、今ではレンタル料金が無料のところが多くなっています。

水の代金はどのくらいかと言いますと、これは業者や水の質によっても違いますが、だいたい10l程度のボトルで千円台というところでしょう。
1lあたりに換算しますと、100円前後となるようなところが多いようです。
この水ボトルは配達が基本ですが、配達料は無料の業者がほとんどです。

配達料金は、あらかじめ水の料金に含まれていると考えられますので、市販のミネラルウォーターに比べますと水の代金は若干高めになっています。
もう一つ水ボトルについて気をつけておくところがあります。
それは、業者によっては水ボトルの消費量にノルマがあるということです。

これは、定期的に一定量の水ボトルが配達されるというもので、水を使う使わないにかかわらず配達されます。
しかし、このようなノルマのない業者も今では増えてきましたので、ウォーターサーバの導入前によく調べられたらと思います。
その他にかかる料金としましては、ウォーターサーバの機器を動かすための電気代とこの機器のメンテナンス代があります。

ウォーターサーバの機器は、冷水や温水が出てくるようにできていますので、ある程度電気代がかかります。
しかし、冷蔵庫の電気代が思ったほど高くないのと同様にウォーターサーバの機器が使う電気代もわずかなものです。
例えば、コンロで常温の水からお湯を沸かすことを考えますとウォーターサーバの温水を利用するほうが光熱費がかからないといわれています。

機器のメンテナンスは、業者によって少し異なりますが、基本的に業者の定期点検があります。
有料の場合でもそれほど費用はかかりませんし、無料の業者もあります。
また、今では自動でメンテナンスができる機器もあります。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.