配達が基本

それほどコストのかからないウォーターサーバーライフ


ウォーターサーバーを使う時のコストはどのくらいかかるのか見てみたいと思います。
コストの内訳としては、水のボトル代とその配達料、サーバーのレンタル代とそれを動かす時の電気代、定期的(年一回くらい)なメンテナンスにかかる料金がかんがえられます。
水のボトル代は、ウォーターサーバーを使う時の一番のコストです。

12lのボトルが標準になっていますが、このボトルの価格は、1000円から1800円位で、平均的なものでは、1200円前後です。
これで計算してみますと、1lあたり85円から150円で、平均的なものでは100円となります。
使う水の量は飲料のみに使う場合と料理などにも使う場合で違ってきますが、一日あたり一人2lとしてみますと、170円から300円、平均的なものでは200円となります。

ひと月あたりでは、30日で計算してみますと5100円から9000円、平均的なもので6000円になります。
配達料は水のボトル代金に含まれていることが多いですから無料としておきます。
サーバーのレンタル代は、業者者によっては有料のところもありますが、ほとんどが無料としています。

サーバーを動かす時の電気代はどうかと言いますと、月に1000円前後のものが多いようですから、ここでは1000円/月としておきます。
サーバーのメンテナンスは、業者によっては無料のところもありますし、メンテナンスフリーのサーバーもありますのでいろいろですが、ここでは、月に300円としておきましょう。
以上のようにコストを定めて計算してみますと、4人家族の場合には、水のボトル代で、月に2万円から3万6千円程度、平均的には2万4千円かかります。

これに電気代の1000円とメンテナンス代の300円を加えてみますと、2万1千円から3万7千円、平均的なものでは2万5千円となります。
これは、4人家族で一人あたり一日に2l水を使うとしてひと月にいくらかかるかの計算ですから、一人あたりにしますと月に6000千円から1万円といったところです。
これは、一日に缶コーヒーなどを2本から3本飲むのと同じような値段になります。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.