配達が基本

メンテナンスもおまかせのウォーターサーバー

ウォーターサーバーのメンテナンスは、業者が定期的に行う場合がほとんどです。
内容は、衛生面を中心に機器の部品などを交換調整するものです。
メンテナンスにかかる費用は業者によって異なります。

この頃では、サーバーのレンタル代が無料のところも多く、そのような場合にはメンテナンス料金として別途数千円程度請求されることもあります。
レンタル代が有料のところでは、メンテナンス料金は無料のところが多いのですが、中には有料である業者もあります。
上記のように定期的に業者が人を派遣してメンテナンスをしますと人件費がかさみますので、サーバー自体に自動のメンテナンス機能をつけてメンテナンスフリーとした機器を使用している業者もあります。

この場合には基本的にメンテナンスが省けますので、それにかかる料金はいりません。
ただし、サーバーが故障したりした場合には、別途、修理することは可能です。
このようなメンテナンスフリーのサーバーを使っている業者の水ボトルは、衛生上の理由から使い捨て(ワンウェイ方式)になっていますので、リサイクルできるタイプの水ボトルを使いたい場合には、いまのところ対応していません。

使い捨ての水ボトルでは、ごみ処理が大変ではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今の使い捨てボトルは水を消費していくに連れて潰れて(小さくなって)いく特殊なボトルを使っていますので、後の処理も楽です。
ウォーターサーバーのメンテナンス事情は上記のとおりですが、サーバーの日常のお手入れは、自分でしなければなりません。
例えば、サーバーの外側の汚れの拭き取りや水タンクを取り替える時の接続部分の簡単な清掃、蛇口や受け皿の清掃などですが、このくらいであれば日常の掃除のついでにできますからあまり苦労でもないでしょう。
ウォーターサーバーは、水ボトルの取り換えが一番面倒な作業です。
それ以外のサーバーのメンテナンスは業者またはサーバー自体におまかせしておいてかまわないでしょう。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.