配達が基本

レンタルもあるウォーターサーバー

ウォーターサーバーを導入する時には、必ずサーバーを設置しなければなりません。
以前ですとサーバーを買って設置することもあったのですが、今では業者からのレンタルが多くなっています。
レンタルのサーバーですと初期費用がほとんどかかりませんので、ウォーターサーバーサーバーを導入しやすくなります。

また、レンタル料も無料にしている業者が多いですから何か割安感が得られます。
しかし、サーバーに関しての費用が無料といっても業者は利益をあげなけれはせなりませんので、その分は、消費する水の代金に含まれていると考えて良いでしょう。
実は、ウォーターサーバーの業界での水の供給に関しては二通りあります。

ひとつは、水がなくなってから注文すると配達されるという世間では一般的な方法があります。
今ではこの方法をとっている業者も増えてきましたが、次の二つ目が以前からの方法でした。
それは、注文のあるなしにかかわらず月に最低何ボトルかを配達するというような水の消費量にノルマをかすやり方です。

現在でもこのノルマ制をとっている業者は結構ありますが、特にサーバーのレンタル料が無料の業者ではこのような制度をとっているところが多いようです。
ところで、サーバーは機械ですからメンテナンスが必要になります。
レンタルしている場合には、業者の方で定期的にメンテナンスをしてくれることが多いのですが、レンタル料が無料のところでは、このメンテナンスの時に別途料金をとるところが多いようです。

また、今ではサーバーの性能が上がって来ましたので、メンテナンスフリーのレンタルサーバーを使っている業者もいくつかあります。
ただ、このような業者は、水の配達にノルマ制をとっているところもあります。
このようにサーバーのレンタルに関してはいろいろとありますので、ウォーターサーバーを導入しようとするときには、レンタル料金や水のボトル代の他に水の注文方法もどのようになっているか調べて総合的にいくら位の費用がかかるのかを見て比較するのが得策でしょう。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.