配達が基本

ウォーターサーバーの水で料理も美味しくなる

ウォーターサーバーの水を使ってお茶をいれて飲みますと同じお茶の葉でも水道水を使っていれたものとは一味違うといいます。
また、お酒を嗜む人の場合には、焼酎のお湯割り、水割りにウォーターサーバーの水を使いますと美味しいというはなしですし、ミネラル分の補給にもなりますので一石二鳥といったところでしょう。
ウォーターサーバーの水は、料理にも効果を発揮します。

例えば、お米をたくときに、この水を使いますと美味しく炊き上がるといいますし、お米をとぐところからウォーターサーバーの水を使いますとより一層美味しくなるといいます。
料理にもウォーターサーバーの水を使ってみましょう。
日本では、だしを取る時にかつお節や煮干し、昆布などを使いますが、この時には軟水と言われる水を使うとより美味しくできるそうです。

ウォーターサーバーの水は、軟水から硬水までいろいろ選べますが、元々軟水の多い日本では、軟水系の水を扱う業者が多いですから日本料理に使うには願ってもないことです。
西洋料理の場合にはどうかと言いますと、できれば硬水系の水が良いとされます。
ヨーロッパなどでは、土壌に含まれているカルシウムなどのミネラル分が多いので、例えば、人参などの野菜も日本のものでは簡単にかじることができますが、ヨーロッパのものでは硬くてかじれないといいます。

そのようなわけですから、自然と水もミネラル分が多く含まれる硬水となります。
このため西洋料理は硬水を使うことが前提で作るようになっていますので、硬水系の水を使ったほうが美味しくできるそうです。
例えば、シチューなどは硬水を使うことで肉の煮くずれを防ぐことができるそうで、煮くずれしないので長時間煮こむことで肉を柔らかくできるといいます。
ウォーターサーバーの業者の中には、一つの業者で数種類の水を扱っているところもあります。
このようなところを利用しますと硬水系の水も手に入れられますので、料理に合わせて水の種類を変えられます。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.