配達が基本

ウォーターサーバーとは

家庭で使う水は、上水道(水道水)が基本ですが、水道水には消毒用の塩素などの不純物が含まれていることなどから健康志向の高まりもありミネせるウォーターの販売がなされるようになって来ました。
しかし、店舗に出向いてミネラルウォーターを買うことは、2lボトルなどでは、重く、また嵩張りますので持ち運びが面倒でもあります。
そのようなことから、今までは業務用で利用されていたような飲料水の装置を家庭に設置して水のタンクをその装置に装着することで、いつでもミネラルウォーターを利用できるようにしたサービスがうまれてきました。

この飲料水を供給する装置または、このサービスのことをウォーターサーバーと呼んでいます。
ところで、ウォーターサーバーで使用する水(水の入ったタンク)は消耗品ですから一定期間で使いきってしまいます。
それで水がなくなってしまった時にはどうするのすという心配が出てきますが、ウォーターサーバーに装置に装着する水の入っているタンクは、契約した業者によって定期的に宅配されるということが一般的ですから水の供給に対する心配はありません。

気になるのは料金ですが、これは業者によって異なってきます。
安いところの例をあげてみますと、ウォーターサーバーの装置をレンタルとした場合には、ひと月あたりのレンタル料金が600円程度で、水の値段は、1lあたり85円前後といったところです。
これ以外には装置のメンテナンスが定期的にありますが、その料金はレンタル料金に含まれている場合もありますし別料金の場合もあります。

水の供給が宅配であることから使い終わった水のタンクの処理をどうするのかという事も気になります。
この水タンクの処理方法には、ふた通りのやり方があって、一つはタンクを小さくつぶしてゴミとして出す使い捨て型と、もう一つは、水が配達される時に空のタンクを回収するリサイクル型があります。
どちらの方法を取るかは利用する業者によって違ってきます。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.